2007年09月05日

The Killing Fields

昨日の夜中3時頃、急に目が覚めて寝付けなくなってしまい、たまたまやってた映画がすごく良かったのでご紹介します。

"The Killing Fields"(1984)というとても有名な米英合作映画でして、舞台は1970年代のカンボジアでの内乱中、ポルポト派の残虐行為の中でアメリカとカンボジアのジャーナリストとの友情をメインに描いたものです。

詳しくは下記参照

http://www.actv.ne.jp/~yappi/eiga/EE-01killing%20field.html
(すごく的確にまとめて書いてあります)

とにかく印象に残ったのが、ハイン・S・ニョール(カンボジアのジャーナリスト役)というお方の存在感でした。
後で調べると、やっぱりアカデミー助演男優賞獲っていました。

こんな人いたんだな〜でも他であんまり見ないと思ったら、1996年にロサンゼルスの自宅前にて何者かに射殺されたみたいです。(政治活動を盛んにやられていたみたいで、うわさではポルポト派の残党の仕業かも?と書かれていました。)

後半のシーンの中で、捕虜から逃げて彷徨う途中に、現在では"Killing Fields"と呼ばれる死体が転がった沼みたいな所が出てくるのですが、あまりにリアルすぎて頭から離れません。

いつしか、カンボジアにもアンコールワットだけでなくKilling Fieldsにも訪れてみたいと思います。

この時代の日本に生まれてきた事を、改めて感謝し、幸せをかみしめて生きなければと強く感じた今日この頃でした。

まだ見ていない人は、BS放送のMOVIE PLUSというチャンネルで今月中に数回放送するみたいなので、是非見てみてください。
posted by もっこり at 20:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記